健康で元気で生きる

身体に良いことしよう!

「医療本」に関する記事

医者に殺されない47の心得

世界一、医者が好きな日本人 「飛んで火に入る夏の無虫」のように、医者に自分から近づいて、命を落としたり縮めたりしている人が多すぎる 病気の9割は医者にかかったから治るわけでもなく回復が早くなるわけでもない。 風邪、頭痛、…

続きを読む

どうせ死ぬなら「がん」がいい!

著者:中村仁一(医師): 著者:近藤 誠(医師): 中村:最後まで意識がはっきりしている 身辺の生理ができる 親しい人にお礼がいえる ぽっくり死だと、そんなことやる暇がない。ボケたら何にもできない。寝たきりになったらいつ…

続きを読む

薬のいらない体のつくり方

著者:岡本裕 1957年生まれ 大阪大学医学部、同大学院卒業 生命機能研究科にて主に悪性腫瘍(ガン)の臨床、研究に携わった後、従来の医療・医学の考え方と手法に限界を感じて臨床医を辞める。1995年 「21世紀の医療・医学…

続きを読む

医者と病院で寿命が決まる

患者の立場で医療問題を考える市民団体 1.医療行為は両刃の剣 すべての医療行為には、プラスとマイナスの両面があり、プラスだけを期待しているととんでもないことになります。 「ご家族はなるべく侵襲が少ない治療法を、と希望して…

続きを読む

美人ホルモン講座

著者:松村圭子 婦人科医。広島大学医学部卒業 成城松村クリニック院長 数冊、健康本出版 第1章あなたが知らないホルモンの真実 女性ホルモンには、エストロゲン・プロゲステロンはあり、一生でティースプーン1杯程度しか出ない。…

続きを読む

医師が患者だったら

    著者:岡田雅彦 新潟大学名誉教授、新潟大学医学部卒業。1990年同大教授となり、動脈硬化症、予防医学などの研究に従事。 コレステロールの測定法を世界に先駆けて開発。 循環器専門医。 医師にも本音と建前が…

続きを読む

医療と食事

著者=内海聡(1974年生まれ) 1974年生まれ(46歳) 筑波大学医学部卒業後内科医として東京女子医科大学付属東洋医学研究所、東京警察病院など勤務。 現在 東京 DD クリニック院長 内科医 第1部医学は必要なのか?…

続きを読む

まず、病気しないこと

こんな本が店頭で594円で売られています 健康に気をつけて、医療に近づかないようにしたいものです。 予防こそ医療費節減に貢献できる。 そのためには、 1.適度の運動 2.栄養バランスのとれた食事。 3.老化防止(抗酸化・…

続きを読む

ハーブショップ
小さな山菜屋敷
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村