健康で元気で生きる

身体に良いことしよう!

疲労に良いハーブ

疲れはハーブでとれる

疲労とエネルギーの欠乏に良いハーブ

疲労はまず働き過ぎ、不眠、寝すぎ、運動不足、ストレス、食生活等のライフスタイルの見直しから始めよう。
疲労やエネルギー不足が続くと、身体にガタがきて故障の原因になります。ハーブは、疲労による身体の狂いを修正します。とくに
疲労に良いというハーブを選んでみました。

ハーブの種類 利用部位 効果効能 備考
クサスギカズラ 肺、腎臓 強壮、保護剤、胸膜炎、日射病、消化器、去痰、坑腫瘍
黄耆(オウギ) 脾臓、肺 鎮痙、利尿、胆汁排出促進、抗菌、血糖低下、神経刺激、免疫賦活

ougi

オオギ根〈Astragalus〉中国の「神農本草経」に薬用植物として初めて記載された有名な薬草の一つです。若芽は茹でて 食用にできます。
中国では少なくても2,000年前からオオギ根を利用していたという記録が残っている。オオギ根は最もポピュラーな 「気」の強壮剤の一つ
で無数の調合法があり、またスープミックスの材料として用いられている。未精製のものと精製されたものとで は、形状が全く異なってい
るが用途としては重なる部分が多い。

ツボクサ(インデアンペニーウオート) 地上部 心腎臓、脾臓 若返り強壮、熱冷まし、免疫賦活、消化促進
朝鮮人参 脾臓、肺 鎮強壮、刺激、血糖低下、コレステロール値低下、免疫賦活
西洋人参 心臓、肺、腎臓 強心、ホルモン作用、鎮静
アシュワガンダ(インド人参) 心肺、腎臓 強壮、神経鎮静、坑炎症、坑腫瘍、性欲促進
オート麦 種、葉、熟していない植物全体 坑鬱、元気回復神経強壮、発汗、滋養、坑血栓症、コレステロール値低下
バジル 葉、エッセンス 辛、甘 坑鬱、殺菌、副腎脂質刺激、制吐、強壮、解熱、去痰

bajiru

インド原産、草丈50~90㎝のおいしいハーブ。シソ科特有の四角い茎で、唇形の白い花を咲かせます。種類は多数あります。
ヨーロッパではホーリーバジルは“心や精神を開く”聖なる植物と言われている。消化器系疾患、腸の寄生虫駆除に使用。オイルは精神強壮、抗鬱、消化の治療に使われる。

エゾウコギ(シベリアニンジン) 抗ストレス、抗ウイルス、性欲促進、免疫と循環を刺激、血圧を整える副腎刺激

ezo

エゾウコギ〈Siberian ginseng〉エゾウコギ(シベリアニンジン)は数種ある五加参の ひとつであり、中国では刺五加と呼ばれ、2000年以上もの間
、強壮剤として様々な症状に用いられてきた。エゾウコギは他の薬用 人参と同じく強壮成分を有していて、同じく「ニンジン」と呼ばれており、また
同じ範疇に属しているが、実際の有効成分はかなり 異なっている。

ローズマリー 葉、エッセンス 肺、脾臓、膀胱 消化、神経鎮静、神経系元気回復

mary

地中海沿岸原産で、立性と這性があり、立性は草丈1.5mにもなり、深緑の細長い葉が密生しています。花は青。淡紫。ピンク、白などがある。
ローズマリーは刺激効果のある強壮のハーブで、温める性質が強く、一次的な疲労に役立ちます。気持ちのいいお茶にもなります。また、このハーブは
循環器系の不調にともなう寒気などを緩和します。オイルは関節炎やリウマチ、筋肉痛の貴重な治療薬です。ローズマリーは白髪を黒くするといいますが
赤褐色の髪に良いリンスになります。(ハーブ療法事典)

ウコン(ターメリック) 根茎 肝臓、脾臓 刺激、変質、傷、抗菌、坑炎症、コレステロール降下、胆汁生成促進

ukon

ウコン〈Turmeric〉ウコンは多くのアジア料理、特にインド料理(カレー)でよく 使われている香辛料である。香りと黄色の色が利用されている。
過去十数年の研究で、ウコンは胆汁の分泌。食欲増進、低血圧症、 痛みの緩和、子宮活性化、炎症及び浮腫の縮小を促進し、さらに抗炎症性、
抗酸化性、その他の作用があることが明らかにされて いる。

ハーブショップ
小さな山菜屋敷
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村